あなたの記事にはこれがない!?読者が読みたくなる4つの要素

  • LINEで送る

あなたは今までにどれくらいのブログや、
ネット記事を読んできたでしょうか?

その中には、
なんかこの人の書く記事って気になって、
どんどん読んじゃう

みたいな記事ってあったと思います。

なぜか引き込まれる、読みたくなる記事。

ライティングをする人にとっては、
気になるところですよね。

今回はその、
読みたくなる記事の書き方について、
考えてみようと思います。

自分勝手なライター

読者に向けて発信する記事を書く時に、
一番やっちゃいけないことがあるんですが、
何だかわかりますか?

心当たりがある方は気をつけましょう。

それは、
日記みたいに好きなように書いてしまうこと
です。

本気で日記なのであれば、
全然問題ないのですが、
読み手に向けて発信するのに、
そんなんじゃあまずいですよね。

結構これは記事を書くコピーライターとしては、
根っこの部分の大前提です。

それを踏まえて書く事を考えると、
自然と出てくる必要な要素があります。

はっきりさせたい4つの要素

それは、前回の記事にも関連する部分があるのですが、
誰に向けて発信する?レターのメッセージの書き方でたった一つ大事なこと

『誰に向けての記事か』
『誰が伝えているのか』
『何を伝えているのか』
『それは何故か』

この4つです。

これは必要な4項目であると同時に、
この要素があれば読者はあなたの記事を読みたくなります

これらがはっきりしていれば、
読者はまず、
『この記事を読んでみよう。』
と判断すると思います。

そしてその内容が、
自分にとって必要なければ離脱するし、
必要だと感じればその先を読む。

逆にこれらが曖昧で、
はっきりしていなければ、
二度とそのサイトに戻ってくることはないでしょう

『誰に向けての記事か』

人はみなカマチョです。

みんな構って欲しい、
自分の存在を分かって、認めて欲しいものです。
承認欲求ですね。

それはどんな環境に於いてもそうで、
例えばブログ記事を読んでいて、
自分に向けられた内容だったりすれば、
『まるでワタシのことが見えてるみたい。』

と、そのブログに親しみが湧いてきます。
そして次に、

『ひょっとしたら、このブログがワタシの悩みを解決してくれるかも・・・』

と思うようになります。

そうなれば、その読者はあなたの記事にどんどん引き込まれていきます。

『誰が伝えているのか』

『権威付け』
と言う言葉もある通り、
どんな、記事であれ、業界のエキスパートと呼ばれる人や、
著名人が書く記事は無条件にみんな読むものです。

神田昌典さんが書いた、コピーライティングの記事なんて言ったら、
コピーライティングの記事は神田昌典さんのしか読まないというような人も、
出てくるでしょう。

もし、あなた自身が今はまだそこまでではなくとも、

・実績や経験。
・どんな考えを持っているか?
・何かの専門家なのか。

などの情報を伝えるだけで、
読み手のイメージは全然変わります。

あなたが医者なら、
それを伝えた上で記事を書いた方が、
説得力は5割増になります。

もちろん内容によりますが、
お医者さんがコピーライティングに記事を書いたりしても、
あまり意味はないと思いますが(⌒-⌒; )

例えば、ダイエットの記事など、
関連性があれば!です。

スポンサードリンク



『何を伝えているのか』

結局何が言いたいの?
ってブログ記事はよく見かけます。

見出しも内容とずれていて、
中身も、話題があちこち脱線していて、
結論が見えてこない。

普通は結論を念頭に置いて、
そこに向けて必要なことを肉付けしていくのが、
基本ですが、その肉もところどころ削げ落ちていて、
全体として意味を成し得ない記事はいわゆる、
ゾンビ記事と言えるでしょう。(造語!?)

まずは、そのブログで伝えたい一番大きいテーマ。
』をはっきりさせ、
それを意識しながら一つ一つの記事を書いていくこと。

このブログで言えば、
コピーライティングが一つのテーマですが、
その軸を中心に、書き方や、テクニックなどの話題に派生させていく、
こんな形が理想
じゃないでしょうか。

『それは何故か』

これは、そのブログを運営する理念思想

要するに、
あなたにこれを伝えたいのは何故か?
という根幹部分で、とっても重要です。

それは、あなたの失敗を元にはじき出された、
同じ境遇の人へのメッセージかもしれません。

あなたの学んだことを、
アウトプットし、多くの人に伝えることかもしれません。

ブログ運営者であり、記事を書いているあなたが、
そのブログのテーマを何故伝えたいのか?

読者がそれをわかってくれるように工夫する。

一つの記事にこだわらず、
ヘッダーのコピーで伝えてもいいし、
プロフィールやレポートの無料プレゼントでもいいです。

何故あなたがそれを伝えているのかを明確にしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

読者があなたの記事を読みたくなる4つの要素。

あなたがあなたのブログを更新していくのに、
常に、

『誰に向けての記事か』
『誰が伝えているのか』
『何を伝えているのか』
『それは何故か』

を意識して、取り組んでいけば、
そのブログに相応しい記事と、コンテンツ、
そしてそれを求める読者は自ずと増えてくると思います。

スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



  • LINEで送る

無料e-book『ネットビジネス初心者の為のコピーライティング講座』ダウンロードページ

あなたがもし、今の仕事の今後に不安を感じているのなら、
直ぐに、

ウェブコピーライター

という職業の存在を知ってください。

ネット社会が広がれば広がる程、
需要の伸び続ける仕事

この流れは今後数十年は続くでしょう。
当然、食いっぱぐれません。

さらに、あなたが過去に手にしようとした、
どの国家資格よりもカンタンに、
そのスキルを手に入れることができます

その入門書を今回特別に、あなたに無料でプレゼント!

無料E-bookをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*