コピーライティングをアフィリエイトに活用するには?

  • LINEで送る

こんにちは、トモヒロです。

今このブログを読んでくださっているあなたは、コピーライティングに多少なりとも興味をお持ちだと思いますが、コピーライティングってどんなことに使えると思いますか?

なんかザックリとした質問かもしれませんが、何か収益を得たいと考える人も多いかと思います。

今回は一番流用しやすいと考えられているアフィリエイトへの活用法について考えていきたいと思います。

コピーライティングのアフィリエイトへの可能性

活用

アフィリエイトにコピーライティングを活用する。

それは、『コピーライティングが一体なんのためにあるのか?』という根本的なところを考えてみれば答えは見えてくると思います。

それは言ってしまえば、文章で購買意欲を掻き立てること。

だから、アフィリエイトであっても、例えばセールスレターやその他のコピーライティングが使われる場面でも本質的なところは同じだと思います。

人は、モノを買う時、感情で動いて、購入したあとにそのモノを買った自分を正当化すると言われています。

そんな風に購入者の気持ちを盛り上げて上げる作業が、コピーライティングと考えて間違いないと思います。

それを、アフィリエイトでやっていくってのは普通に合理的な話ですよね。

そもそもアフィリエイトって何?という方はコチラを。
今稼げるアフィリエイトは?あなたを待つたった一人のメンターとは?

スポンサードリンク



コピーライティングとDRM

今コピーライティングを活かしてアフィリエイト活動をするという方向性を考えるならば、というかもう『今』じゃないですね、以前にも記事にしたことがあるかもしれませんが、DRMで行っていく手法が一番かと思います。

DRM⇒リストを集め、リストを教育し、リストに売る。

僕はこのひんやりした言い方、
あんまり好きじゃないんですけどね。

リストって表現がなんだか人に対して冷たい印象が・・・。
ただDRMをこんな感じで表現しているところは結構多いです。

流れとしては、

ブログで集客⇒

メルマガに登録させる⇒

読者に情報発信⇒

読者に信頼を得られたところで商品をすすめる

今や、ブログやホームページにバナーや広告を貼り付けるだけでは、
例えネットであってもモノは売れない時代です。

上の一つ一つの場面でコピーライティングのスキルを発揮し購買意欲を向上させていく。

実はこの方法は数年前から王道中の王道として語り継がれてきたメルマガアフィリエイトの手法そのまんまです。ここまで、システムを構築するのは一筋縄では当然行きませんが、それに見合った収益は約束されます。

アフィリエイトに活用するには?

アフィリエイト活用
上記のようにDRMの手法であれば後はブログとメルマガで記事を書くだけ。

これは今僕がやっているようにテーマを一つに絞ることがいいと思います。

僕のこのブログの場合、以前の流れもあってマインドセットの部分をカテゴリーに入れていますが、基本的にはコピーライティングをメインテーマにして情報発信をしています。

そうすると、コピーライティングについて興味のある人が検索やSNSなどを通じて集まるようになり、そのテーマに関する商品も紹介しやすくなります。

SNSで記事を紹介するとものすごくわかりやすく読者のカテゴリがはっきりするので、フェイスブックなどでそういった形を作っていくのはすごくオススメです。

形さえ作ってしまえば後は記事で読者が購買意欲を持つような内容にしていけばアフィリエイトとしての結果(成約)につながっていくと思います。

まとめ

いかがですか?

実際、コピーライティングの収益化を考える上で、はじめにアフィリエイトでって考える人は多いみたいです。

ネットでアフィリエイトっていうと今ではとてもハードルが高い話のようですが、コピーライティングを活用するとなれば結果への距離がグッと縮まると思います。

僕もシステムを構築するお手伝いはしていますので、よければメルマガ登録してみてくださいね。

それでは、今日はこの辺で。またお会いしましょう。

  • LINEで送る

無料e-book『ネットビジネス初心者の為のコピーライティング講座』ダウンロードページ

あなたがもし、今の仕事の今後に不安を感じているのなら、
直ぐに、

ウェブコピーライター

という職業の存在を知ってください。

ネット社会が広がれば広がる程、
需要の伸び続ける仕事

この流れは今後数十年は続くでしょう。
当然、食いっぱぐれません。

さらに、あなたが過去に手にしようとした、
どの国家資格よりもカンタンに、
そのスキルを手に入れることができます

その入門書を今回特別に、あなたに無料でプレゼント!

無料E-bookをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*