売れるコピーライティングはここから!事前に準備すべきこと3つ。

  • LINEで送る

こんばんは。トモヒロです。

今日はコピーライティングをする時の書き出しについての記事です。

あなたはセールスコピーを書く上で、『一体何から始めればいいんだろ??』と悩んだりしてませんか?

今回のこの記事を読めば、売れるコピーライティングをする上で書き出しの段階で1時間2時間と悩むようなこともなくなりますし、書きたい記事の全体像がはっきりしてきます。

実際僕はこの方法を使ってライティングを始めますが、書く手が止まってしまったり、色んなことを書きすぎてワケわかんね~みたいなことはなくなりました。

文章構成がまとまりサクサク書けるようになりました(^O^)

全然難しくはないので、是非読んでみてあなたのライティングライフに活かしてください。

まずはその記事を書く目的を確認しよう

目的

さあ、コピーライティングを始めよう!とは言え、誰もが当然それを書く上でテーマを持っていることだと思います。

最新の芸能ニュースについて書きたい!とか、夏のイベントのお得情報について書きたい!とか。

ただ、それ以前に準備確認しなければならないのはあなたが何を目的として書くのか?ということです。

・自分の商品を売るための集客をしたい。
・メルマガに登録して欲しい。
・セミナーへの参加を促したい。
・単純にアクセスが欲しい。

など、目的を踏まえた上でテーマを決めます。そうしないと大体想像は付くかと思いますが、自分で何のために書いたんだかわかんない記事になってしまいます

たとえその記事のアクセスが多かったとしても、メルマガに登録して欲しいっていう目的があったのだとしたら、その記事に使った労力は無駄になってしまいますよね。

まずは目的を確認すること、です。

ターゲットとなるペルソナを確認しよう

ペルソナ

ペルソナ??はて?と思われる人も多いでしょう。ただ難しく考えなくてもおっけです。

これは単なるターゲッティングとは少し違います。関連記事  ペルソナマーケティングの成功事例!売上42億円の実態とは? ユーザーの行動や背景を調査したデータを元に作成された、ちゃんとした裏付けのあるもののことをいいます。(適当に想像することとちゃいまんねん)

ただ、準備段階でどこまで具体的にするかはあなたが提示する商品・サービスにもよると思います。そして、それを確認することにどんな意味があるのか?ですが、より具体的であればある程、あなたが提供するものが『やっべ、これ絶対必要!』って思わせやすくします。それが必要な人にとっては。

例えば今回僕が書いてる記事、テーマは『売れるコピーライティングはここから!事前に準備すべきこと3つ。』ですが、そのターゲットとなるペルソナは『コピーライティングを始めるにあたって何から始めるべきなのか、常に使いまわせるテクニックとして基本となる部分を知りたい』そんな人に向けて書いています。

ここまで行けば、次に上げる『提供する商品やサービス』もより具体的になってきます。

あなたが提供できる商品・サービスとは?

提供する

ここまで来ると見えてくると思います。

コピーライティングってそもそも不特定多数よりも(目的にも寄りますが)特定の読者に向けて呼びかけるってことがメインなんだってことです。

そして、次はあなたが提供できる商品・サービスの確認。ここでは、これをオススメします。関連記事 『目標を明確化!使える法則5W1Hとは?』What(何が)、Why(なぜ)、When(いつ)、Who(誰が)、How(どうやって)という5W1Hを基に記事を書くこと。

・商品・サービスは何なのか?
・何故その商品・サービスは開発されたのか?
・何から始まったものなのか。
・いつ発見されたものなのか?
・それは誰によって発見されたのか。
・それは何で作られているのか?

当然と言えば当然かもしれませんが、その商品・サービスのことはこの準備段階で誰よりも調べ倒しましょう。自分の商品であるならば言うまでもありませんね。

何事も7割は準備に力を注ぐべし!

このような段階って、中々本番の記事を書くところまでいけなかったりでもどかしい気持ちになりますよね。

ですが、僕も、というかある程度ライティングをしてきている人であれば誰でもやっていることです。逆に、この準備なしでサラっと書けたらそれはそれで恐るべき才能です。

売れるコピーライティングだけの話ではないですが、何事にも準備って大事。

7割はここにパワー使いましょ。

まとめ

準備段階はまだ続きますがキリのいいところでおさらいです。

売れるコピーライティングをするために準備すべきこと

・まずはじめに目的をはっきりさせる。
(ビジネスをしたいなら収益に繋げること、その途中段階でもメルマガ登録やPVの増加など)

・ターゲット・ペルソナの確認。
(具体的であればある程商品・サービスも決めやすい)

・商品・サービスの確認。
(5W1Hを基により詳しく調査してどんなメリットがあるかしっかり把握しておく)

この後は、コピーライティング骨組み、設計図作りに入っていきます。

それでは今回はここまで。ではまた次回に!

  • LINEで送る

無料e-book『ネットビジネス初心者の為のコピーライティング講座』ダウンロードページ

あなたがもし、今の仕事の今後に不安を感じているのなら、
直ぐに、

ウェブコピーライター

という職業の存在を知ってください。

ネット社会が広がれば広がる程、
需要の伸び続ける仕事

この流れは今後数十年は続くでしょう。
当然、食いっぱぐれません。

さらに、あなたが過去に手にしようとした、
どの国家資格よりもカンタンに、
そのスキルを手に入れることができます

その入門書を今回特別に、あなたに無料でプレゼント!

無料E-bookをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*