ペルソナマーケティングの成功事例!売上42億円の実態とは?

  • LINEで送る

あなたはペルソナマーケティングという、
マーケティング手法があるのをご存知ですか?

この手法、多くの成功企業が実施しているものなんですが、
僕達のように個人でお客様を相手にするお仕事にも、
とっても有効です。

スープストックの秋野つゆさん?

スープストックというお店聞いたことあると思います。
『無添加の食べるスープ』をコンセプトにして店舗展開から、
オンラインショップまで幅広く行い、
創業10年で売上42億円という成功企業。

このお店のテーマは、
『秋野つゆ』という架空の女性を設定して、
彼女が作るスープというのを想定して商品開発をしました。

Soup_Stock_Tokyo_Jiyūgaoka_001

その設定は細かくて、
秋野つゆは装飾性よりも機能性を好むタイプで、
フォアグラよりもレバーが好き、
プールでは平泳ぎではなく豪快にクロールで泳ぐなど、
まるでリアルに存在しているかのような感じ。

いわゆる擬人化。

開発中になにか問題があれば、
『これって秋野つゆじゃないよね』ってなもんです。

このようにターゲットを絞りに絞って、
そのニーズに答える形を、
『ペルソナマーケティング』といいます。

ここで重要なのは、
単なるターゲッティングと一体どう違うのかという点。

ペルソナのバックには多くの人々が

1097976_10201510563793442_640405028_n

ペルソナはそもそも根拠もなく作り上げられた顧客像などではなく、
ユーザーの行動や背景を調査した、
マーケティングデータをもとに作成された、
裏付けのあるもの。

予想や予測の範疇ではじき出したイメージとは違います。

スープストックの秋野つゆで象徴的なのは、
細かい設定の基にストーリーが描かれている点。

具体的な分、
リアルな存在として人々の脳みそにインプットされます、
(実際は違っても)

そういう存在は共感を得やすく、
人々の記憶にも残るものなんですよね。

もう普通の会社員に戻って・・・

コピーライティングで会社を辞めて自由になったあるサラリーマンの話公開中!

~ビデオの内容~

「元上場企業のサラリーマンが、

会社員時代よりもずっと高い収入を、

誰にも頼ることなく、

いつでも得ることができる技術を身につけ、

将来の経済的な不安がなくなった」

というストーリー。

コピーライティングで会社を辞めて自由になったあるサラリーマンの話

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*